ほとけさまのお悩み相談室

ほとけさまのお悩み相談室

親切をしたとき見返りを求めてしまうのですがお釈迦さまはどう教えられているのでしょうか?


Q. お悩み

彼氏のために尽くしているのに、ぜんぜん感謝してくれず、こんなことならしなければよかったと思うことがよくあります。どうしたら分かってくれるんでしょうか。

A. お答え

まいたタネまきは巡り巡って、あなたのところに返ってくる

私たちは、誰かに親切をすると、どうしてもお礼を言ってほしいとか、もっと喜んでくれてもいいのにと、お礼や見返りを求める心が出てきます。

自分の満足いくお礼や感謝の言葉がなかったり、親切した時の反応が鈍かったりすると、「やらなければよかった」と後悔したり、心の中で相手をののしったりしてしまいます。

また、相手のために尽くせば尽くすほど、「これだけ尽くしてやっているのに」という気持ちも出てきて、「こんなに私はあなたのためにやっている。どうだ、喜びなさい」と相手に請求書を突きつけたくなってしまいます。

せっかく相手に善いことをしても、その相手を憎んで、自分が苦しむ結果になるなら、とても悲しいことです。

お釈迦さまは、

「親切をした相手にお礼や見返りの請求書を突きつけなくても、必ずまいたタネまきは巡り巡って、あなたのところに返ってくるのだよ」

と教えられています。

だから、期待していたお礼や感謝の言葉が相手からない時は、貯金していると思えばいいのです。
そして、お釈迦さまは、親切をする時は、

「私が」
「誰々に」
「何々を」

この3つを忘れるようにしなさいと教えられています。

これを三輪空(さんりんくう)といいます。

「私が」「誰々に」「何々を」

あなたが善いタネまきをすれば、必ずその結果はあなたに返ってくるのです。

親切をした相手から直接返ってくることもあります。巡り巡って、違う形で返ってくることもあります。数日のうちに返ってくることもありますし、数年を経て返ってくることもあります。

忘れてしまってもちゃんと返ってくるのだから、「私が」「あなたに」「こんなことをしてやった」という請求書を捨ててしまいましょう。

いつまでも覚えていると、「いつ返してくれるんだ」と、まるで借金取りの催促のように、相手に請求書を突きつける態度になります。
すると、親切をされた相手も重荷に感じてしまいます。「別に頼んだわけではない」「そんなに言うなら、最初からやらなければいいじゃないか」と反発します。

せっかく相手のためを思ってやったことが、ケンカのタネになってしまうのでは、とても残念ですね。

「彼氏のためにこれだけ尽くしているのに、全然感謝してくれない」
「会社のためにこんなに頑張っているのに、上司は全く認めてくれない」
「家族のためにこんなに一生懸命働いているのに、妻も子供も分かってくれない」
「家事や子育てを一人で頑張っているのに、夫は何も分かっていない」――。
誰でもこうした悩みを持っています。

そんな時、お釈迦さまの言われるように、「私が」「誰々に」「何々を」、この3つを忘れるように心掛けてみましょう。

肩の力が抜けて、自然体で周りの人に接したり、親切したりできるようになります。リキみが抜けて、相手が受け取りやすい親切ができるようになります。

すると、あなたにはたくさんの感謝やお礼のメッセージが届くようになるでしょう。

不思議なもので、親切の見返りを自分から要求しなくなると、逆に、感謝やお礼がどんどんやってくるようになるのです。

メールマガジン登録フォーム

こちらからメールアドレスを登録すると、レポートと音声ファイルのダウンロードURLが届きます。
今すぐ登録してブッダの智恵を受け取ってください。

無料でプレゼントとメールマガジンが届きます!