ほとけさまのお悩み相談室

ほとけさまのお悩み相談室

忙しい時でもどうしたら勉強をする時間を作り出せるのでしょうか


Q. お悩み

資格を取りたいのですが、忙しすぎて勉強する時間がありません。
雑務ばかりで毎日が過ぎていってしまいます。

A. お答え

自分の心を自分でコントロールするのは、とても難しい

人間の心は、変わりやすく、ちょっとしたきっかけ(縁)でコロリと変わってしまいます。

例えば、今月は、もう、甘い物は食べまいと心に誓ったはずなのに、駅前で焼きたてのメロンパンの匂いをかいだ瞬間、
「まあ、今日ぐらいはいいか」
と気持ちが変わってしまうことがあります。

毎日、30分間ジョギングすると心に決めても、雨が降ると、
「今日はやめておこう」
と心がなえてしまうこともあります。

私たちの心には、常に、「食べたい」「楽がしたい」「もっと欲しい」などの欲求が動いていますから、ちょっとしたきっかけで、楽に流されてしまったり、落ち込んでしまったりするのです。

反対に、ほんの一言、ねぎらってもらっただけで、やる気になることもあります。

自分の心を自分でコントロールするのは、とても難しいものです。
ですから、そんな自分が少しでもよいタネまきをするには、上手に縁を選んでいくことが大切になります。

だらけることなく短時間で効率よく勉強できたり、継続して努力できたりする人は、自分の力を発揮させるノウハウを持っている人が多いのです。
ちょっとした心掛けで、成果が大きく変わる勉強法を紹介しましょう。あなたが取り組もうとしていることにも、応用できると思います。

【1】カフェ勉強法

勉強や仕事をする時に、同じ場所で続けていると、気持ちがだらけてしまって、はかどらなくなってきます。特に、自分の部屋だと誰も見ていませんので、寝っ転がったり、テレビを見始めたりしてしまいます。
ですから、勉強や仕事をせずにいられない環境に、あえて身を置くのが、カフェ勉強法です。

図書館でもいいのですが、図書館だと関係ない本を読んでしまう危険性もあるので、カフェがいいように思います。
カフェの中では、周りの人の目もあるので、寝るわけにもいきません。パソコンを開いてキーボードを打っていると、かっこよく見えるだろうという名誉欲も手伝って、頑張ることができます。

また、コーヒー代ぐらいは元を取るぞ、という気持ちも出てきますので、すぐに帰らず、しっかり勉強することができます。
家で、だらだらして、結局やらずじまいで時間も無駄に過ごすくらいなら、カフェに行って気持ちを切り替えて、一生懸命勉強できればコーヒー代は安いものです。

【2】サンドイッチ勉強法

次のサンドイッチ勉強法は、順番を工夫するというものです。
同じことをやるにも、どういう順番でやるのかによって、結果は変わります。

人間は、得意なことや、好きなことはそれほど、苦もなく取り組むことができますが、嫌いなことや、苦手なことになると、なかなか、重い腰が上がりません。
そんな時は、苦手で、後回しにしたくなる勉強や仕事を、得意で好きなものではさむのです。

数学、英語、理科のうち、英語が好きで、数学が嫌いだとすると、まずは、好きな英語から始めます。すると「勉強をするぞ」というモードになります。
調子に乗ってきたら、今度は、嫌いな数学にチャレンジします。この時点で、勢いがついていますので、最初から数学を始めるよりも、ずっとやりやすくなっています。
しばらくすると疲れてくるので、今度は、理科の勉強に切り替えます。

このようにすると、集中力をなるべく持続させながら、勉強に取り組むことができます。
同じことをやり続けることも大事ですが、根気は続きませんので、適度にやることを切り替えていったほうが、効率がいいのです。

【3】寸暇しか勉強法

よく「寸暇(すんか: ちょっとした時間)を惜しんで勉強する」といいますが、わずかなスキマ時間をも惜しんで勉強するほどの気力を、なかなか起こせないのが、多くの人の悩みでしょう。
そんな時に有効なのが、「寸暇を惜しんで」ではなく、「寸暇しかやらない」という勉強法です。

電車に乗っている時間、車を運転している時間、待ち合わせまでの時間など、特に何をするか決まっていない時間が、1日の中で必ずあります。その時にしかやらないことを、あらかじめ用意しておくのです。

このちょっとしたヒマを無駄にしてしまう人は、例えば、電車に乗ってから何をしようかと考える人です。乗ってからでは何も用意していないので、音楽を聴くか、寝るかになってしまいます。
コマ切れの時間には、この本を読むとか、この英会話のCDを聴くなど、用意しておくと、案外、何冊も本を読むことができます。

 

このように、場所や順番、タイミングを工夫することによって、「自分は、これで精一杯だ」と思っていた以上に、たくさんのタネまきができるようになります。

勉強や仕事のできる人と、できない人の差は、能力の違いもあるかもしれませんが、できる人は、縁の選び方が上手なのです。

「幸せのタネを、もっと、たくさんまきたいな」と思ったら、自分にとって、よりよい縁を選んでいくことが大事です。
必ず大きな結果となって、あなたの手元に返ってきます。

メールマガジン登録フォーム

こちらからメールアドレスを登録すると、レポートと音声ファイルのダウンロードURLが届きます。
今すぐ登録してブッダの智恵を受け取ってください。

無料でプレゼントとメールマガジンが届きます!